ミライからの手紙

画像のリサイクル講座

最近、立ち絵鑑賞機能を使った虚ろ目コラが流行っているようですね。
私も他の方の画像を拝見していますが、そこでちょっと気になったことがありまして。
余計なお世話な気もするし、そんなの知ってるわと言われるかもしれませんが、虚ろ目コラを作る際の画像の使い回しについて少し書いてみます。
まあ要はレイヤーの基本的なお話なのですが、普段お絵かきツールを使わないと馴染みが無いかなと。


さて、ではまず未加工の画像Aと加工済みの画像Bを用意します。

A
A.png

B
B.png

Bの虚ろ目をAにも反映させたいのですが、どうするのかと言いますと。

まず1つ目の方法。
Bの画像を一部切り取って、Aに貼り付けます。

イメージ348
イメージ349
イメージ350

これはレイヤーは特に関係無いですね。一番分かり易い方法です。
ただ、デメリットとして、貼り付ける際に少しずれてしまう場合があります。
自分でぴったり合わせたと思っていても、後で拡大してみるとほんの少しずれてたことが分かり、やり直す羽目になります。
ですので、この方法でやる場合は分かり易い目印などを決めておいて、ずれないように気を付けましょう。
きちんと合わせようとすると結構面倒なので、こちらの方法はあまりお勧めしません。

それを踏まえて2つ目の方法。

Bの画像を読み込んでおき、さらにAの画像も読み込みます。
先にBの画像をGIMP2にドラッグして、その後にAの画像もドラッグするだけでOKです。
イメージ340

これでレイヤーが2枚になりました。
イメージとしては、Bの画像のある紙の上に、Aの画像のある紙が置いてあります。
欲しいのはBの画像の虚ろ目になっている部分だけなので、適当に上の方を全て選択して切り取ります。
イメージ344

そうすると、未加工のAの部分が切り取られ、虚ろ目画像のあるBが出てきます。
イメージ345

あとは適当に新しく名前を付けて保存すればOK。
間違って上書き保存をすると悲惨なので注意。
保存の際にレイヤー情報を保存できないとかなんとか言われますが、エクスポートをクリックすれば勝手にレイヤーを統合してくれます。
この方法の利点は何と言っても自分で画像を合わせなくても良いことです。
適当に大きめに切り取ればいいだけなので、楽ちんです。
勿論デメリットもあって、2つの画像の立ち位置が少しでも違うとこの方法は使えません。
とはいえ、立ち絵だし画像の位置が動くことはあまり多くないので割と役に立ちます。

ちなみに、AとBの順番を逆にしても勿論できます。
先にAを読み込んで、その後にBを読み込みます。
そうすると虚ろ目が上に来て、テキストウィンドウだけを変えればいいので、下の方を適当に選択して切り取ればOKです。
まあ、レイヤーのことを知ってる方からは当たり前じゃんと言われそうですが、参考までにということで。
スポンサーサイト
[PR]

  1. 2014/07/09(水) 04:15:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<返信 | ホーム | 返信>>

コメント

非常に参考になりました!

これで作業もはかどると思います!
  1. 2014/07/09(水) 10:47:51 |
  2. URL |
  3. カオナシ #-
  4. [ 編集 ]

これは便利・・・
未販売の催眠ゲーの立ち絵で虚ろ目は裸になってるからわざわざ自分で服きせた立ち絵を作るときに便利(すごく特殊環境)
後"中に誰も"でおもっきし吹きましたw
  1. 2014/07/09(水) 22:19:05 |
  2. URL |
  3. HEL #B5LYNIZ2
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://monotonous11.blog.fc2.com/tb.php/699-c9b4f064
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)